ブラックコーデで高見え♡夏のレディース着こなし術!

“ブラック”のアイテムは、コーディネートに取り入れるだけで大人っぽく印象を格上げしてくれる高見えカラー。

「楽でできるだけ汗が目立たない恰好…」とオシャレがおざなりになりがちなこの季節こそ、オススメなんです♡

今回はそんなブラックを基調とした、夏の着こなしをいくつかご紹介(^^)

気になるスタイリングがあれば、是非参考にしてみてくださいね♪

ブラックコーデで高見え♡夏のレディース着こなし術!

オーバーサイズTシャツのコーデ

※出典https://wear.jp/

ゆるっとしたサイズ感のTシャツは、引き締め効果抜群のブラックスキニー合わせですっきりスタイリング♪

華奢なピンヒールサンダルでセクシーさをプラスすれば、シンプルながら大人の魅力引き立つクールコーデが仕上がります。

Tシャツの裾からチラッと覗かせるホワイトのインナートップスがちょっとしたアクセントに。

ライトカラーのかごバッグで全体の印象に軽さをプラスするのがオススメです(^^)

ロックプリントTシャツのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらはかすれプリントでヴィンテージ風に仕上げたトレンドのロックTシャツ。

袖口を折り返しスキニーパンツに裾をウエストインする事で、コンパクトなシルエットの着こなしに。

足元はクロップド丈にローカットのスニーカーを合わせ、足首をチラッと見せているのがポイント。

ちょっとした丈感バランスや肌見せが、オールブラックコーデでも重たく見えず、さり気なく女性らしさもアピールできるコツになります(^^)

メタリックシルバーのショルダーバッグがコーディネートの鮮度を上げるキーアイテム♡

スクエアネックニットのコーデ

※出典https://wear.jp/

フェミニン派だってオールブラックで高見え♡

こちらはデコルテをきれいに見せるスクエアネックのコンパクトニットです。

ミモレ丈のボリュームスカートを合わせて上品なフィット&フレアシルエットコーデに。

ショートソックス×バレエシューズの組み合わせがクラシカルで素敵です。鮮やかなレッドがアクセントカラーとして効いていますね(^^)

ハイネックレースブラウスのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらは総レースの肌見せで女性らしさ引き立つハイネックブラウス。

ウエストリボンのワイドパンツを合わせて、マニッシュかつエレガントな雰囲気に着こなしています。

レザーのハンドバッグでハードなエッセンスを加えつつ、ピンヒールのポインテッドトゥパンプスで大人レディにブラッシュアップ♡

ちょっとしたお呼ばれコーデとしても着られそうな、クールな印象のきれいめスタイルになっています(^^)

ギンガムチェック柄ブラウスのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらは小さめの襟が上品な、フレアシルエットのギンガムチェック柄ブラウスです。

タック入りのワイドパンツを合わせて甘さをおさえる、すっきりとしたテイスト感が◎。

ウエストのくびれを強調するクロップド丈トップスを選び、ボトムスをハイウエストマークで着こなす事で、腰の位置を高く見せる等、スタイルアップテクを盛り込んだコーディネートとなっています。

レース付きキャミソールのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらはブラックレースの装飾でランジェリー風に仕上げたキャミソールトップス。

スキニーやミニボトムスは勿論、ワイドパンツやボリュームスカートと合わせてもバランス良く決まるクロップド丈が特徴です。

ミモレ丈のプリーツスカートは光沢コーティング素材を選んでちょっぴりスパイシーに。

トレンドのメタリックカラーも、ブラックなら主張しすぎず取り入れやすいかもしれませんね(^^)

アロハシャツのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらはブラックを基調としたシックなカラーの古着風アロハシャツです。

フルレングスのワイドパンツを合わせてメンズっぽくスタイリング。

リラックス感のある、ずるっとしたシルエットバランスがトレンド感◎です♪

ダークカラーのサークルサングラスでハードさをプラスし、ちょい悪風に仕上げるのが上級見せのポイント(^^)

チェック柄マキシスカートのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらは柔らかなレーヨン素材でエアリーに仕上げたチェック柄フレアスカートです。

ロゴプリントTシャツにバックパック、ガチャベルトとボーイッシュなアイテム合わせで、甘さ控えめに着こなしているのがポイント。

ボリュームのあるブラックコーデでも、ハットやサンダル等でホワイトを差せば、軽さのある爽やかなスタイリングに見せる事ができます♪

タックギャザースカートのコーデ

※出典https://wear.jp/

ボリューㇺのあるアイテム同士を合わせて、あえてずんぐりシルエットに仕上げるのも今年流!

こちらはペーパーバックウエストのロングスカートに、ゆるいサイズ感のTシャツを合わせるチャンキーコーデ。

ショートソックスにレースアップシューズでクラシカルなエッセンスを加えた、モード寄りのカジュアルスタイルとなっています。

メタリックブルーのアクセントでエッジをプラスしているのが◎♪

クラッシュデニムパンツのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらは大胆なクラッシュ加工が今年らしいデザインブラックデニム。

フレンチライクなドット柄Tシャツを合わせてハイウエストマークで着こなす、レトロなテイスト感がオシャレです(^^)

小物はブラックレザーのショルダーバッグやサンダル、サークルサングラスとハードなアイテムをセレクト。

さり気ない女の子らしさがポイントの、エッジの効いた個性派コーデです♡

エスニック柄ワイドパンツのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらはブラック×ホワイトのエスニック柄パンツを取り入れたリゾート感溢れる着こなし。

コンパクトなノースリカットソーをウエストインで合わせる事で、バランスの取れたメリハリシルエットに仕上げています。

ワックスコードとビーズでできたブラウン系のブレスレットがエキゾチックなパンツと相性バツグン。

フラットサンダルにストローハットとラフな小物合わせで、頑張りすぎないこなれた感じに見せています。

フレアスリーブワンピースのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらはすとんと落ち感のあるストレートシルエットが特徴のミモレ丈ワンピース。

フレア切り替えのスリーブデザインがトレンド感◎です。

存在感のある大きめ辛口レザートートがモードなワンピースと相性バッチリ。

ハイカットのスニーカーでカジュアルな外しをプラスする事で、全体の印象を和らげているのがポイントです。

ギャザーマキシワンピースのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらはふんわり広がるボリューム感が可愛い、ウエスト切替のマキシ丈ワンピースです。

ベースボールキャップにサコッシュバッグ、スポサンとボーイッシュな小物合わせが◎。

ガーリーシルエットのワンピースをさっぱりとしたテイスト感で着こなしているのがオシャレですね♡

ロゴプリントのサンダルを取り入れる事で、無地コーデにアクセントをプラスしています。

ドット柄オールインワンのコーデ

※出典https://wear.jp/

主張しすぎない小さめドット柄が大人な雰囲気を演出♪

こちらはリラックス感のある、ワイドシルエットのオールインワンです。

オールブラックコーデで取り入れる事で、着心地ラクチンでもラフになりすぎないのがポイント。

ボディバッグはストラップを短めにして斜め掛けするのが今年っぽく見せるコツです♡

メタル装飾オールインワンのコーデ

※出典https://wear.jp/

こちらは上と同じワイドシルエットのオールインワンですが、ゆったり開いたプランジングネックにメタルリングの装飾と洗練感のあるモードなデザインが特徴。

ホワイトのフリルスリーブカットソーを合わせて、ほんのり甘めに着こなしています(^^)

小物はネットバッグにスポサンとトレンドアイテムをセレクト。

シンプルながら、今年らしいディテールを詰め込んだ鮮度の高いコーディネートとなっています♪

最後に

今回はブラックを基調とした高見えコーディネートをいくつかご紹介しましたが、いかがでしょうか?

重たくなってしまうんじゃないかと思われがちなブラックですが、シンプルコーデでもオシャレな雰囲気に見せる事ができるので、着こなしが手抜きになりがちな夏こそオススメ。

シアー素材で取り入れたりさり気なく肌見せしてみたり、ホワイトの小物を合わせてみたり…と少し工夫するだけで、涼し気なスタイリングに仕上げる事も♪

上級感のあるブラックアイテムを取り入れて、夏コーデを素敵にブラッシュアップさせちゃいましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です