春のレディースカーディガンコーデ!色別にチェック!!何色を着る?

さらっと気軽に羽織れて便利!春みたいに少し涼しい季節は何枚あっても困らないカーディガンですが、豊富な色展開でお店に並んでいるのを見ていると、何色を買おうか迷う事も…。

そんな方に向けて、今回は色別にベーシックカーデのコーディネートをご紹介♪

この色は着こなし方でこう見える、持っていなかったけどこの色欲しい!等、カーデ選びの参考になればと思います(^^)

春のレディースカーディガンコーデ!色別にチェック!!何色を着る?

ネイビーのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑まずはベーシックなネイビーからご紹介♪

シンプルなロゴプリントTにジョガーパンツを合わせるマニッシュな着こなしです。

どんなスタイリングでも合わせやすいネイビーですが、ダークカラーコーデに取り入れる事で、落ち着いた大人っぽい印象に着こなす事ができます。

キャンバスのトートバッグに結び付けたヴィンテージ感たっぷりのスカーフと、中折れハットやTシャツで取り入れているダークブラウンがノスタルジックな雰囲気を演出していて素敵です♪

グレーのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑ソフトカラーの甘めボリューミーコーデです。

こちらはパールボタンが可愛いライトグレーカーデ。ホワイトやスモーキーピンクを合わせた優しい色使いがポイントです。

胸元にレースをあしらったコケティッシュなキャミソールは、もったりとしたシルエットのカーディガンから控えめに覗かせる事で、セクシーになりすぎず上品に着る事ができます。

ヒールのパンプス等きれいめのシューズではなく、あえてキャンバススニーカーを選びカジュアルダウンしているのにも注目。パジャマやワンマイルコーデを思わすリラックス感のある雰囲気が可愛いです♪

ベージュのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑らくちんなのにきちんと見えするスタイリングです。

ナチュラルで柔らかい印象のベージュカーデは、モードなブラックのオールインワンを合わせる事で引き締まったちょっぴりクールな印象に。

トレンドのバケツバッグやサンダルも辛口なブラックをセレクト。ジュートソールのカラーがカーディガンとマッチしていて、とてもまとまりのある色使いになっています。

ゆったりとしたシルエットで体型カバーもできるコーディネートですが、コンパクトなシルエットのカーディガンを選ぶともたつかず、すっきりきれいめに見せる事ができます。

ブラウンのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑こっくりとした“コニャックブラウン”は2017秋冬コレクションで拡大した今後要注目のカラーです♪

こちらはハンドバッグにパンプスと、カーディガンにリンクさせた差し色が決め手のデニムパンツコーデ。

ダメージの入った古着風デニムでカジュアルに見せつつ、ホワイトのショートソックスでちょっぴりグッドガール風に。

肩をゆるっと落として羽織るカーディガンの着方で抜け感をプラスしているのがポイントです♪

ブラックのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑肩掛けカーデのこなれ感がオシャレ♪

こちらはボタニカル柄のトップスにベージュのアイラインスカートを合わせる大人クールなスタイリング。

ウエストインでスタイルアップ見せする縦長シルエットの着こなしに、カーディガンをゆるっと羽織るタイト&ルーズのバランス感が◎。

スカートのハリのある素材感やブラックの引き締め効果で、都会的な印象のリゾートコーデに仕上がっています。

ホワイトのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑柔らかなホワイトが女性らしい優しい雰囲気を演出します。

こちらは刺繍入りのデニムサロペットにキャンバスバッグとリラックスムードなアイテム合わせに、ビット付きのスリッパサンダルでマニッシュなエッセンスをプラスしたスタイリング。

ホワイト×ライトインディゴの2色でまとめた爽やかなカラーリングがポイントです。

ダークカラーコーデに取り入れても軽い印象に見せてくれる、クリーンなホワイトカーデは一着持っていると春夏大活躍しそう♪

パステルピンクのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑デイリーなアイテムで作るカジュアルコーデです。

柔らかなパステルピンクはフェミニンな着こなしに取り入れても可愛いですが、甘さ控えめのアイテムと合わせると、より今っぽい着こなしに仕上がります。

こちらはボーダーTにデニムパンツとベーシックなアイテム合わせですが、ハイネック、裾ターンバックのワイドシルエットとさり気なく流行りのデザインを盛り込んでいるのがポイント。

ハイウエストでベルトマークする事でバランスの取れた着こなしになっています。

ホワイトのキャンバススニーカーと大きめ2wayトートがとっても爽やか。フルレングスのワイドパンツコーデを軽い印象に見せたい時は、ライトカラーの華奢フォルムのシューズを選ぶのがオススメです♪

ビビッドピンクのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑トレンドのピンク第二弾!エネルギッシュカラーにも注目♪

パステルピンクと同様に拡大しているビビッドピンク。上と同じデニムパンツコーデですが、ちょっぴりやんちゃで元気な印象に。

こちらはパンツと素材をリンクさせたベースボールキャップに、スケーター風のローテクスニーカーでボーイッシュに仕上げたスタイリングです。

ゆるっとしたサイズ感のカーディガンとボーイフレンドデニムで作るラフなシルエットが可愛いです♪

ブルーのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑鮮度の高い着こなし術です。

こちらはロイヤルブルーのカーディガンにホワイトのクロップドパンツを合わせてクリーンな印象♪

ニュアンスカラーの小物やカラーをリンクさせたプリントスカーフがとても良く合っています。

ボタンを背中側にする着方は、『スポンテニアス』という最新トレンドキーワードを取り入れたもの。着る人が好きなように自分らしく着こなす、という意味で前後2wayで着るカーデ以外には、肩のボタンを開けて着るブラウスやスリット代わりにサイドファスナーを開けて履くワイドパンツ等…コレクションで続々と出てきています。

いつものワンパターンの着方からちょっぴり離れて、新しい着こなし方に挑戦してみるのも楽しそうですね♪

サックスのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑OLさん等きれいめ派に人気のサックスブルー。休日のお出かけにこんなスタイリングはいかがでしょうか(^^)

こちらはウエストリボンがアクセントのワイドパンツコーデ。

ラフィアハットにラタンバッグでちょっぴりリゾート風味なナチュラルスタイルに仕上げています。

ハットのリボンとサンダルは引き締め役のブラックをセレクト。リラックス感を感じさせつつ、きちんときれいめに見せる着こなしです。

レッドのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑フリンジ付きのボリュームカーデを着用していますが、お手持ちのベーシックカーデでも◎。

こちらはグランジ風のロックTシャツにダークカラーのデニムを合わせ、ガチャベルトでハイウエストマークしたエッジの効いた着こなしです。

レッドのカーディガンとブラックのヘアバンドで80年代風のちょっぴりレトロな雰囲気に♪

雑材クラッチとオープントゥブーツのウエッジソールでナチュラル感をプラスする事で、ハードな印象をほんのり和らげ古着風に仕上げています。より辛口に見せたい方は、ブラックレザーのバッグやゴツめのレースアップブーツ等合わせると、よりロックな感じに決まりそう♪

イエローのカーディガンコーデ


※出典https://wear.jp/

↑一点プラスするだけで全体の印象がパッと明るく見えるイエローカーデ。

肩に掛けたり巻いたりして夏まで活躍する事間違いなしです♪

こちらはシンプルなロゴTとビックポケットのワーク風スカートを合わせる甘さ控えめのカジュアルスタイル。

大きめのかごバッグや軽やかなベルテッドサンダル等リゾートチックな小物をプラスすると、晴れた日のお出かけにぴったりな爽やかコーデに(^^)

パープルのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑こちらはゆるっとしたスリーブとコンパクトな着丈が今年らしいデザインカーデ。

ダークカラーの花柄ワンピやスカート等を合わせてシックに着こなすのも素敵ですが、ボーイッシュなカジュアルスタイルに取り入れても甘めの色味が映えて◎です♪

こちらは古着風のロゴTにテレコのフルレングスパンツとちょっぴりワンマイル風のリラックスコーデ。

足元はTシャツのプリントに合わせたレッドのキャンバススニーカーを合わせ、とことんラフに仕上げた“抜け感”がポイントです。

グリーンのカーディガンコーデ

※出典https://wear.jp/

↑フレッシュなグリーンカーデでいつものコーデに鮮度をプラス!

こちらはライトインディゴのデニムとホワイトのバブーシュ&ショルダーバッグで爽やかに仕上げた春色コーデ。

裾が太幅リブになっているカーディガンなのでウエスト周りがすっきりして見えますが、少し着丈長めのベーシックデザインにベルトマークをしても同じように見せる事ができます♪

シンプルなアイテム合わせでも、アクセントになる色味のカーディガンをプラスすると一気に華やかな印象になるのでオススメ!

最後に

今回は色別でカーディガンコーデをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

あまり色物は持っていない。つい着こなしがモノトーンになりがち…という方も、気軽に取り入れられるカーディガンなら鮮やかなカラーに挑戦しやすいかもしれませんね(^^)

又、ベーシックなカラーも合わせるアイテムによってトレンド感強めに着こなす事ができるので、好みのコーディネートがありましたら是非参考にしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です