レディースのカーディガンコーデを色別に紹介!!

カーディガンのカラーって豊富で迷っちゃいますよね!

今回は色別カーディガンコーデを紹介します。

これを見て合わせの参考にしてみてください‼

【レディース】色別カーディガンコーデ特集♪

ピンクのカーディガンコーディネート


※出典https://wear.jp/

薄手の素材のカーディガンなので、こなれ感がでて大人っぽいスタイリングになりますがピンクの色合いが女性らしさも引き出していています。

全体的に柔らかい印象になってベレー帽のかわいさもありデートに着ていくファッションとしておすすめです。

ラメの入ったカーディガンなので、かなり女性度がアップすると思います。


※出典https://wear.jp/

紫がかったピンクの色彩が濃いブルーのジーンズとよくマッチしていてぱっと見た感じでオシャレ上級者とわかります。

ロングカーディガンなのでスタイルもよく見え、足元のサンダルが決めすぎてなくラフさが出ていて好感が持てるファッションです。

カーディガンの袖の広がりも女性らしさを感じさせてくれています。


※出典https://wear.jp/

このファッションはカーディガンをはおらなくても完成しているスタイルですが、この透けた素材の淡い色合いロングカーディガンを合わせることによって、一気に今風のおしゃれなスタイルになります。

黒で統一されたコーディネートの中に淡い色合いを合わせると、印象が明るくなってオシャレ度もぐんとアップするでしょう。


※出典https://wear.jp/

このファッションはビビットな色合いの、フラワーボタンカーディガンの鮮やかさが引き立つコーディネートです。

カーディガンの鮮やかなピンクが、スカートに散りばめられた花の中にもありセンスの光るスタイルです。

春らしく女性らしくまた乙女らしさも感じられるコーディネートなのでデートにぴったりだと思います。


※出典https://wear.jp/

こちらは普段のファッションに、ひと工夫ビビットな色合いのロングカーディガンをはおることによって、今時のスタイルに変身できる、誰にでも、真似のしやすいファッションです。

白のカットソーとジーンズという、シンプルなスタイルですが、それに色鮮やかなピンクのカーディガンをプラスするだけなので、ちょっとだけオシャレをしたい方におすすめなファッションです。

グリーンのカーディガンコーディネート


※出典https://wear.jp/

この、シースルーのロングカーディガンは、着こなし方が難しくて、敬遠しがちなアイテムかと思いますが、シンプルな、白と黒のようなコーディネートに合わせやすく、どこにでもいそうな、普通のファッションが、一気に、今流行りの若々しいスタイルに変身して、おしゃれなイメージになります。

シースルーなので、見た目も軽やかです。


※出典https://wear.jp/

この、楊柳プリント柄ロングガウンカーディガンは、色的にもなかなか組み合わせが難しいと思いますが、シンプルな格好に合わせると、違和感なく、おしゃれになります。

ジーンズも、ロールアップして、足首を見せて、このロングカーディガンの袖の長さも短めなので、手首が見えていて、女性らしさとオシャレ度が高いファッションです。


※出典https://wear.jp/

この、ワンピース型のロングカーディガンは、素材が軽やかで、涼し気な印象を与えてくれます。

小花柄なので、合わせるスタイルは、シンプルな、ジーンズとカットソーがおすすめです。

緑色は、なかなか他の色と合わせるのに頭を悩ませますが、黒をスパイス的に使うと、キリッと引き締まった印象になるので、おすすめのコーディネートです。


※出典https://wear.jp/

このファッションのポイントは、もちろん、明るめの緑色のカーディガンでしょう。

カーディガンがない場合も、うまくコーディネートされていて、問題はないのですが、普通すぎて、どこにでもいそうな、その他大勢の印象になりがちなので、緑色のカーディガンを刺し色にすることで、おしゃれなイメージになり、明るさも出るでしょう。


※出典https://wear.jp/

こちらの、もこもこ素材のアウターを、カーディガンのように着こなしたファッションは、普通っぽいんだけど、実はかなりのおしゃれ感がでています。

このアウターの形がこなれ感が出ていて、背伸びしすぎていないおしゃれなイメージがします。

濃い深みのある緑色と、淡いジーンズの色合いがとてもマッチしていて、ぜひ真似したくなります。

ベージュのカーディガンコーディネート


※出典https://wear.jp/

春夏に活躍してくれる、トッパーカーディガンを使ったコーディネートです。

冷房が効いたオフィスでの防寒対策にもなり、おしゃれ度も上げてくれる便利なアイテムです。

ヒップが隠れるくらいの少し長めの着丈がこなれた印象。さらっと羽織るだけで、きれいめな印象になります。

色はベージュだと、どんなアイテムにも合わせやすいし、爽やかさが出せますね。


※出典https://wear.jp/

全体をホワイト系でまとめた、上級者向けのコーディネートです。同系色でまとめる時は、洋服の生地感や色の濃淡でメリハリをつけることが大事です。

ホワイトのコーディネートはぼんやりとしがちですが、プリントTシャツでアクセントをつけています。

少し違うテイストのアイテムを選ぶだけで、おしゃれ度がぐっと上がりますね。スニーカーのイエローも程よい差し色になって効いています。


※出典https://wear.jp/

今年っぽいアイテム、サロペットを使ったコーディネートです。

サロペット1枚でもコーディネートは完成しますが、物足りないと感じた時は、カーディガンをプラス。

サロペットはカジュアルになりがちなアイテムですが、レディなレースカーディガンで、きれいめにまとまっていますね。

短めの丈のカーディガンなので、コンパクトなスタイルになっています。


※出典https://wear.jp/

プリントが印象的なロング丈のワンピースに、グレーのロングカーディガンを合わせた、女性らしいコーディネートです。

ジャケットを合わせるとカッチリした印象になりますが、カーディガンを選ぶことによって、柔らかさが出ています。

全体も淡いトーンで優し気な印象。アクセントが欲しい時は、バッグでキリリと締めると良いですよ。


※出典https://wear.jp/

タンクトップにデニムを合わせた、夏の定番コーディネートですが、ロングカーディガンを羽織るだけで今年らしく仕上がっています。

重たくなりがちなロングカーディガンですが、透かし編みカーデだと、軽やかな印象です。

ざっくり編まれているとカジュアルな印象に、細かく編まれているときれいめな印象になります。

肌見せに抵抗ある人でも、透かし編みカーディガンならヘルシーに着こなせますよ。

レッドのカーディガンコーディネート


※出典https://wear.jp/

デニムのオールインワンは子供っぽくなりがちなので、合わせるアイテム選がコツです。

アウターに女性らしいアイテムを合わせたり、中にきれいめなシャツを合わせたりすると、カジュアルすぎず、きれいめに着こなすことができます。

このコーディネートは、カーディガンを合わせて女の子らしさを出していますね。デニムにカーディガンの赤色が効いています。


※出典https://wear.jp/

真っ赤なカーディガンが印象的なコーディネートです。キレイ色のアイテムを使う時は、色がケンカしないように、他は落ち着いた色味を選ぶのがポイントです。

白色のトップスと合わせて清潔感が出ていますね。薄いグレーやベージュも相性が良いですよ。

黒のボトムを合わせてきりっとした印象ですが、ネイビーやチャコールグレーもおすすめです。


※出典https://wear.jp/

黒でまとめた中に、赤いカーディガンが印象的なコーディネートです。黒のコーディネートは引き締め効果がありますが、暗く見えがち。

ワンポイントに色物を持ってくるのが、おしゃれに見せるコツです。

黒と赤の組み合わせはキツく見えがちですが、肩にゆるく巻いているから、悪目立ちしません。大人のお仕事スタイルにおすすめです。


※出典https://wear.jp/

黒のノースリーブワンピースは、アレンジがしやすいアイテム。ジャケットを合わせるときれいめに、シャツを羽織るとカジュアルな印象になります。

写真では赤い色のカーディガンを合わせて、大人っぽく着こなしています。

重たくなりがちな色の組み合わせなので、足元にサンダル、バッグはカゴ素材を使って、爽やかさを出しているのがポイントです。


※出典https://wear.jp/

優等生な印象に見えるシャツワンピースに鮮やかな色のカーディガンを合わせた、カジュアルコーディネートです。

カーディガンがゆるめのシルエットなっているから、シャツワンピースのカッチリ感を緩めていて、カジュアルよりに仕上がっています。

逆に短めでコンパクトなカーディガンを合わせると、女の子らしい印象になります。

最後に

色別カーディガン特集いかがでしたか?

カラーごとにスタイルを変えても面白いかもしれませんよ!!

以上、【レディース】色別カーディガンコーデ特集♪

という内容でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です