色の良い組み合わせとは?ファッションレディースコーデ特集♪

みなさんは、服を着るときどんなことに気をつけていますか?TPOや素材のあわせ方など、気を付けるポイントっていろいろありますよね。今回は色の組み合わせのポイントについて考えてみたいと思います。

同じ服のコーディネートでも色を変えるだけで全くちがう印象になったりするのは、なぜなんでしょう?色って不思議ですよね。

色の最強組み合わせとは?ファッションレディースコーデ特集♪

ピンクのフレアパンツのコーディネート


※出典https://wear.jp/

ピンクとブルーの色あわせが鮮やかなスタイルです。

ピンクの色が全体の分量としても多くかなり主張していますが、トップスのブルーのTシャツも負けていません。

同じくらいの主張のある色同士の組み合わせは意外にはまります。ロゴの白とシューズの白が差し色になって、全体のバランスを良くしています。

モノトーンのコーディネート


※出典https://wear.jp/

ブラックの分量が多めの落ち着いたスタイルです。サンダルやBagもモノトーン柄でまとめ、サングラスやベレー帽で変化をつけています。

ホワイトのTシャツとブラックのボトムのコーディネートは、誰もが一度はしたことがある組み合わせなのではないでしょうか?

モノトーンのコーディネートは単調になりがちなので小物で変化をつけるといいいですね。

グリーンのスカートのコーディネート


※出典https://wear.jp/

白とグリーンにブラックを差し色にしたスタイルです。グリーンのスカートと白いTシャツがきれいですね。

色アイテムに白、黒、グレーの無彩色をあわせるとコーディネートしやすいです。ロゴとスニーカーとカゴのリボンをブラックであわせて上手く差し色にしてますね。

ベージュのベレー帽とかごBagでガーリーなテイストをプラスしてます。

ブラウンのガウンのコーディネート


※出典https://wear.jp/

デニムのブルーとTシャツの白が爽やかさをプラスしたスタイル

ブラウンのロングガウンは分量が多めでやや重くなりがちなので、デニムのブルー以外はホワイトにして軽さをプラスしてバランスをとっていますね。

色を使うときは全体を3色までに抑えるとうるさくなり過ぎずスッキリまとまります♪

オレンジのBagをきかせたコーディネート


※出典https://wear.jp/

モノトーンに小物で変化をつけたスタイルです。モノトーンのボーダーTシャツにブラックのパンツ、スニーカーと全身をモノトーンでまとめたコーディネートです。

めがねやオレンジのななめ掛けBagで学生っぽいテイストをプラスしています。全身の色を抑えて一色使いはこんな方法もありますね。これなら簡単にできそうです。

ブラックワンピースのコーディネート


※出典https://wear.jp/

色使いをおさえてシックに着こなしたスタイル。全身の色を統一するとフォーマル感がでますね。

ブラックのワンピースをコンバースのハイカットやクラッチバックで上手にカジュアルダウンさせています。

ブラックのワンピースは、あわせる小物やシューズでドレスUPさせたりすることも可能な便利アイテムでもあります。

レッドのソックスをきかせたコーディネート


※出典https://wear.jp/

白いポロシャツにベージュスカートのベーシックなスタイル。襟のあるトップスは清楚な印象がありますね。

ボタンを上までとめて制服っぽく着こなしています。タック入りロングスカートとの相性もいいですね。

ソックスをレッドにすることで、グッとおしゃれな印象になります。全身の色を抑えて一色だけ色を使うのも方法の一つです。

カーキとブラックのコーディネート


※出典https://wear.jp/

落ち着いた色の組み合わせで大人っぽいスタイルです。トップスのブラックの分量を減らすことで夏の着こなしも重くならずにコーディネートが可能です。

ストローハットとビニールBagが涼しげですねで、夏らしさをプラスしています。実はカーキも色合わせが比較的しやすい色です。

他には白やベージュ、ネイビー、イエロー、ピンクもよくあいますよ♪

イエローブラウスをポイントにしたコーディネート


※出典https://wear.jp/

イエローにネイビーをあわせたおしゃれなスタイル。

イエローベースの花柄のブラウスは、袖のフレンチスリーブが可愛らしい印象でが、ネイビーのロングパンツで大人っぽくあわせています。

ネイビーもあわせやすい色の代表ですね。ネイビーはブラックのボトムよりやわらかくなります。こちらはサンダルやベレー帽の色をおさえて上手くまとめています。

白いロングTのコーディネート


※出典https://wear.jp/

スキニーデニムで大人カジュアルなスタイルです。白は何色にでもあわせられる色です。夏は白の分量を多くして着ると涼しげでよいですね。

タイトめの着こなしに、ヒールのサンダルをあわせて大人っぽくまとめています。

ロングTシャツなら値段もお手頃なので、色々な色にトライしやすいかもですね♪ボトムに困ったらデニムであわせれば大丈夫です。

パープル×ネイビーブルーコーディネート


※出典https://wear.jp/

パープルのふんわりとしたトップスが女性らしい雰囲気です。甘すぎない、大人っぽい着こなしをしたい時は、ダークな色のボトムを合わせるのが正解です。

パープルと黒色は好相性で、引き締まってきりっとした印象ですが、休日のコーディネートにはキツく感じられるかもしれません。

そんな時は紺色がおすすめです。上品さが出るので、黒色よりもエレガントさを出すことができます。

ピンク×グリーンゴーディネート


※出典https://wear.jp/

ピンクのフリルシャツは女性らしい甘口アイテムです。

フレアスカートを合わせると甘さが増してデートスタイルに最適ですが、普段使いするなら、カジュアルテイストのボトムを合わせましょう。

色はグリーンや紺、ブルーなどの濃いめの色だと引き締め効果が出せます。今年っぽさが出せるのは、ワイドパンツです。

リボンベルトでウエストマークすると、ゆったりパンツでもメリハリが出せて、スタイル良く着られます。

ブラック×イエローコーディネート


※出典https://wear.jp/

ブラックとイエローの組み合わせは辛口になりがちです。オフィススタイルの時は良いけれど、休日スタイルにはピリッとしすぎかもしれません。

女性らしい着こなしがしたい時は、ディテールに女性テイストのあるアイテムを選びましょう。

ふんわりとしたボリュームのあるトップスとフレアスカートなら、辛さが減って優しい印象になります。

ブルー×ベージュコーディネート


※出典https://wear.jp/

夏らしさを出してくれるのが、ブルーのトップスです。白色のボトムを合わせると、清潔感のあるコーディネートになりますが、大人っぽく着こなしたいなら、ベージュがおすすめです。

落ち着きが出て、きれいめな印象になります。カジュアルなアイテム同士のコーディネートですが、色の組み合わせの印象によって、大人っぽさが出ています。

ホワイト×オレンジコーディネート


※出典https://wear.jp/

プリーツとプリントのデザインが個性的なスカートです。個性が強いボトムは、シンプルなトップスを合わせるのがおすすめです。

白色のシンプルなシャツは、こういう時に活躍してくれるお助けアイテムです。Vネックのデザインになっているので、すっきりとした印象ですね。

スカートが重ためな印象なので、トップスはインにしてコンパクトに着こなしましょう。

ホワイト×ピンクコーディネート


※出典https://wear.jp/

ホワイトとピンクは女子王道の組み合わせです。甘い印象になるので、デートスタイルにおすすめです。

大人な女性は抵抗がある組み合わせかもしれませんが、スカートがミニ丈ではなく長め丈になっているので、甘さ控えめになっています。

小物もトートバッグとスニーカーと、カジュアルアイテムを合わせているので、嫌味がないコーディネートになっています。

レッド×ベージュコーディネート


※出典https://wear.jp/

インパクトのあるレッドのTシャツは、合わせる色を間違えると色がケンカしてうるさい印象になってしまいます。

爽やかに着たい時は、淡い色のボトムと合わせるのがおすすめ。白色も相性が良い色ですが、ベージュを選ぶと色の馴染みが良く、バランスの良いコーディネートになります。

濃いベージュを選ぶと落ち着いた印象に、淡いベージュを選ぶと爽やかな印象になります。

ブラック×ブルーコーディネート


※出典https://wear.jp/

カジュアルなプリントTシャツにデニムを合わせた、夏定番のコーディネートです。ダメージジーンズを選んでいるのが、今年っぽいですね。

スポーティーなTシャツなので、ボトムはスリムタイプを選ぶと、スッキリとした着こなしになります。

シンプルなコーディネートなので、小物でアクセントをつけると、個性あるスタイルになりますよ。

ピンクのヒールパンプスと、クラッチバッグで女性らしさが出ていますね。

ホワイト×グリーンコーディネート


※出典https://wear.jp/

グリーンのフレアスカートが印象的なコーディネートです。存在感のあるアイテムなので、トップスはコンパクトにまとめるのが正解です。

白色のシンプルなTシャツを合わせると、爽やかな夏コーディネートの完成です。

エレガントな雰囲気のスカートなので、カジュアルさを出したい時は、バッグや靴にカジュアルアイテムを合わせましょう。

写真ではスニーカーとキャップで、甘さ控えめに着こなしていますね。

ホワイト×イエローコーディネート


※出典https://wear.jp/

白の刺繍ブラウスは今年の夏のトレンドアイテム。イエローのボトムと合わせて、明るく活動的な印象ですね。

ブラウスのウエストがきゅっと引き締まっているデザインなので、太目デザインのボトムでもメリハリあるコーディネートになっています。

ゆったりめのブラウスの場合は、ボトムにインにしたり、ベルトでウエストマークすると、スタイル良く着こなせます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?色の使ったコーディネートは、ポイントさえ押さえれば難しくないですね。

季節でいえば、夏はやはり白を中心としたコーディネートが増えますし、冬はやはり黒が多くなります。

全身色使いでコーディネートするのもよし、ポイント使いにするのもよし、おしゃれは少しの工夫で何倍にも楽しくなるので、ぜひ試してみてくださいね!

以上

ファッション 色 組み合わせ レディース

という内容でお届けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です